Bio

Michiyo Miyake: Japanese translator and writer based in Sydney and Tokyo. She studied Modernist British/American literature and holds a PhD from Waseda University in Tokyo. As a translator, she has worked on various art projects by Eric Baudelaire, Cerith Wyn Evans and Marco Mazzi. She also translates essays and novels for Japanese audiences. Her recent publications include a translation of the Harlem Renaissance writer Carl Van Vechten’s novel Nigger Heaven.

Nicholas Marshall: Editor and translator based in Sydney. He has a PhD in applied linguistics and was a professor of English for Academic Purposes in the postgraduate school of Meiji University in Tokyo. He taught academic English at Tsuda College and Waseda University in Japan, and Macquarie University in Sydney.

三宅美千代:翻訳者、文筆業。オーストラリア・シドニー在住。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程修了。専門分野は英語圏モダニズム文学・文化。エリック・ボードレール、ケリス・ウィン・エヴァンス、マルコ・マッツィなどのアート・プロジェクトに翻訳者として関わるほか、英語圏の小説やエッセイの日本語訳を出版。最近の業績として、ハーレム・ルネサンス期の作家カール・ヴァン・ヴェクテンの小説『ニガー・ヘヴン』の日本語訳がある。

ニコラス・マーシャル:編集者、翻訳者。オーストラリア・シドニー在住。元明治大学大学院教授。応用言語学の博士号をもち、明治大学大学院にて、高等教育機関での研究に必要とされる英語能力(English for Academic Purposes)の指導を担当。津田塾大学や早稲田大学、シドニー・マッコーリー大学でアカデミック英語を教えた経験をもつ。